サムスンから最高級のMRヘッドセットが発売

マイクロソフトは、最新のMixed Realityヘッドセットを発表しました。

メーカーはサムスンで、「Samsung HMD Odyssey」です。

Mixed Realityとは?

MRとは、複合現実と呼ばれ、CGなどで作られた人工的な仮想世界に現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術です。MRの世界内では、仮想世界のモノと現実世界のモノが相互に影響します。MR技術はMagic leapが巨額の資金調達を行って開発しており話題となっています。具体的な製品や技術は極秘とされ、謎につつまれており、公開されている動画ではまるでSF世界にいるかのような映像を確認できます。

(出典:VRとARとMRの違いについて

Samsung HMD Odysseyのスペックは以下の通り。

  • ディスプレイ:OLED
  • 解像度:2,880 x 1,600
  • マイク:デュアル・アレイ・マイク
  • ヘッドフォン:AKGヘッドフォン
  • 視野角:110度
  • リフレッシュレート:90Hz

動画を見てもらえればわかる通り、「Samsung HMD Odyssey」を使用する際に、部屋にセンサーを設置する必要はありません。

マイクロソフトの発表では、箱を開けてから10分以内にゲームプレイができるとしています。

臨場感Mixed Realityでゲーム、ライブコンサート、スポーツなどを楽しむことができます。

例えば、Minecraftのようなゲームを含む20,000タイトルのアプリがリリースされる予定です。

PS4のVRを、MicrosoftはMRを推進していくようですね。

どちらも興味深いガジェットですが、本来のゲームを楽しむ、と言うことを忘れて技術に走るのだけは勘弁して欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする