iPhone、iPadのバックアップを取るならiCloudで決まり!

あなたはiPhoneのバックアップはどうしていますか?

パソコンとiPhoneを接続して、iTunesを起動しバックアップをとっていませんか?

実はもっと便利な方法があります。

今回は、iPhoneやiPadのバックアップを手軽に取る方法を紹介したいと思います。

バックアップを取るならiCloudを使おう!

iCloudとは・・・

iCloudは、あなたの写真、ビデオ、書類、アプリケーションなどを
安全に保存し、あなたのすべてのデバイス上で最新の状態に保ちます。
だから好きなものに好きな場所で、いつでもアクセスできます。

(出典:Apple)

簡単にいうとインターネット上に、あなたのiPhoneのバックアップをとってくれるサービスのことです。

色々なバックアップの方法がありますが、一番手軽で、復元も楽です。

おまけに、機種変更しても、今の環境(インストールしたアプリケーション)の情報を勝手に引き継いでくれるので、とても便利です。

操作方法

「設定」を起動し、一番上の自分の名前が書いてあるところをタップしましょう。

「iCloud」を選択しましょう。

「iCloudバックアップ」をタップしましょう。

バックアップが有効になっていることを確認しましょう。

iCloudの容量を増やす。

iPhoneやiPadのバックアップをiCloudにバックアップしていると、容量が足りなくなることがあります。

そういう時は、50GBへ変更しましょう。

「iCloud」の画面から、「ストレージ管理」をタップしましょう。

「ストレージプランを変更」をタップしましょう。

「50GB」を選択しましょう。

まとめ

iCloudのバックアップは自動で取得してくれるのでとても便利です。

ぜひ機能を有効にして使って見てくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする