iOS11の利用率は52%。前バージョンよりも低い伸び率。

Appleの公式のデータによると、iOS 11の利用率は以前のバージョンほど高くありません。

iOS11は、Appleのデバイスの52%で動作しています。

ですが、逆に言うと使用可能なハードウェアの48%がまだアップグレードされていないということになります。

Appleは、開発者向けのサポートページを更新し、iOS 11の新たな利用率を発表した。

Appleは伝統的に毎月更新されたiOSの利用率を発表していますが、10月の発表はありませんでした。

50%を超える普及率は優秀です。

しかし、過去に遡ってみると、50%という普及率はAppleがこれまでに達成したものの中では低い数字となっていることがわかります。

2015年にリリースされたiOS 9アップデートは、リリース後わずか4日で互換性のあるデバイスの50%に達し、2016年2月には77%の記録を達成しました。

同様に、iOS 10は54%です。

AppleはiPhone Xを発表しただけでなく、iPhone 8とiPhone 8 Plusを発売するとともに、9月に最も先進的なモバイルプラットフォームとしてiOS 11を発表しました。

新しいバージョンでは、改良されたコントロールセンター、強化されたスクリーンショット、専用のファイルアプリとARKitの統合が行われました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする