YouTube Kidsが不適切な動画から子どもを守るための対策を発表

YouTube Kidsは、子供が誤って不適切な動画を見ていることを発見した場合、保護者は不適切な動画をYouTubeに報告し、ポリシーチームによって審査してもらえる機能を追加しました。

不適切な動画をポリシーチームに報告している最中はYouTube Kidsアプリからもブロックされます。

保護者はアプリにログインして、子供が見たくない動画やチャンネルをブロックすることで、一部の国のYouTube Kidsアプリのコンテンツをカスタマイズすることもできます。

「ビデオやチャンネルをブロックすると、ログインしているときにYouTube Kidsアプリでその動画が表示されなくなります。気が変わったら、いつでも設定からブロックした動画やチャンネルをクリアできます」

内蔵タイマーを使用すると、保護者は子供がYouTubeを視聴できる時間を制限することができます。

保護者は子供一人一人のプロフィールを作成して、視聴可能なビデオの種類を管理することもできます。

このプロフィールはアカウントによって管理されているため、スマートフォンやタブレット、パソコンなど異なるデバイスで機能します。

保護者が子供の経験をより限定されたコンテンツに制限したい場合、保護者の設定を使用して検索を無効にすることができます。

「あなたのアプリの検索状況にかかわらず、子供が見たくないコンテンツを見つけ出す可能性があります。もしそうなら、あなたはそのビデオにフラグを立ててYouTubeに通知することができます。」

1日に8億以上の学習動画の再生回数を記録しているYouTube Kidsは、現在37カ国で利用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする