Apple、2020年を目処にARヘッドセット出荷予定

どーも!こんにちは!シロです!٩( ‘ω’ )و

iPhoneの発明以来、次世代の画期的な製品を求めているAppleは、2019年に拡張現実のヘッドセットに対応した技術を用意し、2020年には製品を出荷することを目指していると発表しました。

スマートフォンをスクリーンとして使用する現実のバーチャルリアリティヘッドセットとは異なり、アップル社のデバイスは独自のディスプレイを搭載し、新しいチップとオペレーティングシステムで動作するとのことです。

チーフ・エグゼクティブ・オフィサーのティム・クックは、ARはVRよりも分離が少なく、スマートフォンと同様に革新的であるとした。

「私たちは、あなたが働く方法、遊ぶ方法、接続する方法、そして学ぶ方法を変えることをすでに見ている」と語った。

「簡単に言えば、ARは生活そのものを変える技術になるだろう。」

「rOS」と呼ばれる新しいオペレーティングシステムは、iPhoneのオペレーティングシステムであるiOSに基づいています。

tvOSがApple TVを動かすのと同じように、macOSはMacで動作し、watchOSはApple Watchesで動作し、 “rOS”はAppleのARヘッドセットで動作する。

これまでAppleのゲームやグラフィックスのソフトウェアマネージャであったGeoff Stahl氏は、 “rOS”ソフトウェアグループの取締役の一人です。

エンジニアは、マッピングやテキスト化から仮想会議室や360度ビデオ再生などの高度な機能まで、さまざまなアプリケーションを試作しているという。

同社はiPhone、Watch、Apple TV、Macのように、ユーザーがコンテンツをダウンロードできるApp Storeの独自のバージョンとヘッドセットのあり方について議論している。

Appleは完全に動作可能なヘッドセットを持っていないので、エンジニアはテスト目的でHTC Viveヘッドセットを使用しテストを行なっている。

Appleは開発者が新しいAR機能をiPhoneに簡単に取り込めるようにしたいと考えている。

そのために、同社は2018年にARKitソフトウェアツールの新しいバージョンをリリースする予定だとしている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする