2018年の新型iPhoneは、全てのモデルでバッテリーの持ちが10%アップ!

2018年の新型iPhoneに関する噂が流れてきた。

評判の高いiPhoneアナリスト、KGI証券の明治九氏は、iPhoneXにL型電池ユニットを搭載し、電池容量を増やす計画があるとした。

この開発は、5.8インチiPhone(2018)のバッテリー容量が3000mAhに変わり、iPhone Xの2716mAh容量から大幅にアップグレードされる予定だ。

6.5インチOLED iPhoneモデルでさえも大きな電池を持っている。

2018年に発売される全てのiPhoneモデルが、最小限のベゼルでフルスクリーンデザインを持つことを示唆した。

iPhone 8とiPhone 8 Plusは、Appleの象徴的なデザインの最後のモデルとなるだろう。

iPhoneの次のラインナップは2018年の後半に到着する予定で、iPhoneは最終的にデュアルSIMサポートを組み込む見込みだ。

2018年に発売予定の新型iPhoneに、5Gに対応するかはまだ未定とのこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする