古いiPhoneの動作速度を改善する方法!バッテリー交換でiPhoneが早くなる!

iPhoneユーザーの不満の1つは、新しいソフトウェアアップデートがリリースされると、動作が遅くなるということです。

古いiPhoneが勝手にシャットダウンする問題

昨年、iPhone 6sユーザーの数は、デバイスが勝手にシャットダウンされてしまう現象を報告しています。

その後、アップルは影響を受けたユーザーの修理プログラムを開始し、無料のバッテリ交換を提供しました。

当時、同社はこの問題の影響を受けたiPhone 6ユーザーの数が「非常に少ない」と述べていました。

しかし、数ヵ月後、アップル社は当初想定していたよりも多くのユーザーが影響を受けていたため、修正プログラムはソフトウェアアップデートの形で提供されることになりました。

同社は最終的にiOS 10.2.1をリリースし、シャットダウンはiPhone 6デバイスで80%、iPhone 6デバイスで70%削減されたと発表しました。

バッテリーを交換するとiPhoneの動作が早くなる

ユーザーからの400件を超えるコメントを取得したスレッドの要点は、iPhoneバッテリーを交換することで、実世界とベンチマークテストの両方で性能が大幅に向上したことです。

多くの人が、iOS 10.2.1で修正されたiPhone 6Sのバッテリーの故障を覚えている可能性があります。

どうやら、これは電池が出力している電圧に応じて最大クロック速度を動的に変化させることで、iPhoneがあまりにも多くの電力を消費してシャットダウンすることができないようにしています。

Appleは、低消費電力モードではバッテリ寿命を延ばすためにデバイスのスピードを落とす可能性があると述べています。

なぜiPhone 7以降がこの問題の影響を受けないのかについては、AppleのA10とA11チップには、特定のコアが高輝度タスクや低電力タスクを処理する異なる電源構造が含まれています。

この設定は、パフォーマンスとバッテリ寿命の問題を相殺するのに役立ちます。

究極的に、iPhone 6やiPhone 6sのユーザーがデバイスのパフォーマンスをますます低下させている場合、新しいバッテリーが問題を解決するのに役立ちます。

バッテリーを交換することで、iPhoneは蘇るかもしれない

iPhoneのバッテリーは、2年間性能を維持できるよう設計されています。

そのため、お使いのiPhoneが、iPhone6/6 PlusやiPhone6s/6s Plusは、バッテリーの性能が低下している可能性があります。

AppleでiPhoneのバッテリーを保証対象外で交換する場合の料金は8,800円(税別)です。

また、修理せずに新しいiPhoneに買い替えたいという場合は、買取サイトに出して見ると、新しく購入するiPhoneの足しになるかもしれません。

全国対応!壊れたiPhone買取専門店【ジャンク品iPhone買取ストア】

Source:9to5Mac

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする