iPhoneのバックアップをiCloudに取る方法!パソコン内部のiTunesよりもオススメ!

どーも!こんにちは!シロです!٩( ‘ω’ )و

お持ちのiPhoneのバックアップはどうしていますか?

iPhoneのバックアップには、「iTunesを使用してパソコン内部にバックアップを取る方法」、と、「iCloud上にバックアップを取得する」、2パターンあります。

「iTunesを使用してパソコン内部にバックアップを取る方法」でバックアップを取っている場合は、毎回パソコンに接続して、iTunesを起動して、バックアップを取り終わるまで待っていなければなりません。

バックアップは重要ですが、結構手間がかかるんですよね。

ですが、「iCloud上にバックアップを取得する」方法だと、いいことだらけなんです。

iCloudにバックアップを取得して置くことのメリット

1.iPhone単体でバックアップ、復元することができる。

2.機種変更やiPhoneが故障した時などに、iCloudから今まで使っていたiPhoneのアプリ、画像、動画、音楽などのデータをそのまますぐに移行できる。

3.バックアップは自動で取得されるので、操作が不要。

設定方法

あなたはiPhoneのバックアップはどうしていますか? パソコンとiPhoneを接続して、iTunesを起動しバックアップをとっていま...

iTunesでバックアップを取っていたけど移行できるの?

できます。

正確には、iCloudでバックアップを取ると、その時点のiPhoneの情報が全てバックアップされます。

なので、パソコン上にバックアップを取っていた方も、スムーズに、iCloudによるバックアップに移行できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする