Twitter、第三者の認証アプリを利用した二要素認証を追加

Twitterはセキュリティのアップデートを公開した。

これにより、ユーザーは第三者の認証アプリケーションを使用してTwitterアカウントの二要素ログイン認証を受けることができるようになる。

Twitterはこれまでに二要素認証を提供してきたが、現在まで安全性の低いSMSベースの検証方法を使用していた。

サードパーティのアプリサポートは、Google Authenticator、Authy、Duo Mobileなどのツールを使用して、ログインを確認できることを意味する。

設定する必要があるのは、ログインしたときのデスクトップからの1回限りの確認で、モバイルTwitterアプリ、携帯電話のカメラ、独自に生成されたQRコードを使用して、アプリとTwitterの接続を確立する。

設定方法の詳細については、その件に関するTwitterの公式サポート文書をチェックして欲しい。

Source:TC

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする