KRACK脆弱性に対応した新しいネットワークセキュリティ方式「WPA3」発表!

Wi-Fi Allianceは、最新のWi-FiセキュリティプロトコルWPA3を発表しました。

今年に入って、新しいセキュリティ規格は、個人用と企業用の両方のネットワーク対応します。

プレスリリースでは、WPA3の改善点について、Wi-Fi Allianceが詳細を共有しました。

Wi-Fi CERTIFIED WPA3の一環として、個人Wi-FiネットワークとエンタープライズWi-Fiネットワークの4つの新機能が2018年に登場します。

2つの機能は、ユーザーが典型的な複雑さの推奨に満たないパスワードを選択した場合でも堅牢な保護を提供します。

昨年KRACK Wi-Fiの脆弱性が発見された後、WPA3はパブリックネットワークなどにも重要なセキュリティアップデートをもたらしました。

もう1つの機能は、個別化されたデータ暗号化を通じてオープンなネットワークでのユーザーのプライバシーを強化します。

最後に、国家安全システム委員会のCNSA(Commercial National Security Algorithm)スイートに準拠した192ビットのセキュリティスイートは、政府、防衛、産業などのより高度なセキュリティ要件を備えたWi-Fiネットワークをさらに保護します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする