最新のApple本社をドローンで撮影した映像公開!

Appleは新しいApple本社社屋(以降、アップルパーク)の完成に向け、最終的な取り組みを続けています。

今日、Duncan Sinefieldの新しいドローン映像では、アップルがここ数カ月間に完成した箇所だけでなく、現在も建設中の地域も紹介されています。

アップルパークでまだ残っている作業の多くは造園です。

このビデオの注目すべき点の1つは、Apple Parkの周辺には、大型の建設機械の多くが存在しないことです。

これは、新社屋が長年の作業を経て建設がほぼ完了したことを示しています。

また、新しい飛行機でスティーブ・ジョブズ・シアターを簡単に見ていきます。

Appleは9月にSteve Jobs TheatreでiPhone Xのイベントを開催し、内部と外部の両方を明確に見ることができました。

Apple Parkの建設経過を見るのは非常に面白いことです。

来月にはAppleがApple ParkとSteve Jobs Theatreの名前を発表してから正式に1年後になる予定です。

最新のアップルパークにつきましては、継続的にアップデートされたガイドをご覧ください。

それでは、現在公開されている最新の新しいビデオをご覧ください。

Source:9to5Mac

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする