オススメの本!筒井康隆「残像に口紅を」

こんなにも日本語の表現があるのだと思わされる一冊でした。

徐々に音が失われて行く世界が舞台のですが、音が失われて行くにも関わらず、逆に美しくなって行くことに驚きました。

ぜひ読んでみることをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする