Apple、円形のアップルウォッチの特許を取得

アップルは、AppleWatchを「円形ディスプレイ」で使用することを意図した技術の特許を取得しました。

円形のAppleWatchは販売されるのか

Appleは製品にならないあらゆる種類のものに特許を取得しています。

これには、会社が却下した製品アイデアが含まれています。

元のApple Watchが長方形のインタフェースでデビューしてから8ヵ月後にAppleがこの特許を申請されています。

Apple Watchの特許の1年後にAppleの経営陣は特許を取得したことになります。

Appleが円形のAppleWatchを作ろうとしているかはわかりません。

他の企業が競争しにくくするための保護特許や、他のデバイスで使用する予定の技術かもしれません。

円形ディスプレイは、表示できるデータの量に関しては、長方形のものに比べて非効率的です。

そのため、アップルは採用しないと考えられます。

円形のAppleWatchはデザイン的な理由から欲しがるファンも多いため、表示できる情報量で生産しないとは限りません。

Source:9to5Mac

Photo:Alcion Design

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする