海外のApple系ニュースサイト9to5Macは、今月初めにリリースされると予想される、iOS 14とwatchOS 7に新しい学校時間モードと子供モードが含まれることを報告しました。

新しいwatchOS7はiPhone不要でApple Watchを子供に持たせることができる

Apple Watchアカウントは、iPhoneのApple IDと1対1で紐づけられていますが、この新しいモードでは、親が親のiPhoneから子のApple Watchを管理でき、子がApple Watchを使用するためにiPhoneをもつ必要がありません。

この開発中の機能が今年完成してリリースされた場合、Apple WatchはiPhoneを持たない子供に対しても販売を広げていくことができると同時に、子供の状態を親が管理することができます。

Apple Watchがこの新しいキッズモードで構成されている場合、Appleは初めてアクティビティリングを異なる方法で処理します。

現在、アクティビティリングは3つのメトリックで構成されています。

  • 早歩きやランニングなどの激しい動きで消費されたカロリー数を表す赤
  • 今日のエクササイズの分のグリーン
  • スタンドまたは車椅子の動きで異なる時間数の青

技術的には、赤いムーブリングは、1日あたりに消費されたアクティブカロリーの数と、より多くの総カロリーの数を示しています。

子供モードではビデオゲームをしている時間もわかる

子供がソファで過ごす時間が多すぎたり、ビデオゲームをしたりしているか心配な親御さんも多いのではないでしょうか。

子供向けバージョンのムーブリングは、子供たちがよりアクティブになることを奨励するのに最適です。ビデオゲームしていたり、ソファで休んでいると、外で遊ぶことやスポーツに参加することを促します。

まとめ

iPhoneに対して複数のApple Watchを設定できるため、家族の運動状況を管理できるのは画期的ですね。

Source:9to5mac

おすすめの記事